« 天体用Webカメラ | トップページ | お世話になっている会社 »

お宝テレスコ

20cm 今から30年以上前になりますが、まだ私が中学生の頃、当時、五藤光学から仙台市天文台へ移られたばかりの小石川正弘さんの紹介で、福岡にお住まいだった星野次郎さんに20cmの鏡を磨いていただきました。当時、木辺さんとならぶ「名人」で、著書も多数あり、星野さんの反射望遠鏡の作り方は私のバイブルと言っても良いものでした。その鏡は、ずうーっとマウントされずにしまってあったのですが、数年前、ついにマウントして光を受けることになりました。近所のビクセン本社の傍の「古老」さんがいたビクセン光学だったかで、ジャンク品のR200SS用鏡筒部分を購入し、ちょん切ってアルミパイプでつないだスケルトン鏡筒です。20cmF8の月惑星用のお宝テレスコの完成でした。よく見えたのですが、強度がいまいちという感じで、次の鏡筒を物色していたところ、ヨシカワ光器さんにアスコの鏡筒があることがわかりました。私が星野鏡の再マウントを検討中だと相談しましたら、吉川さんは星野先生にいろいろご指導を受けたらしく、星野先生の鏡であればということで信じられない価格で主鏡セル等を加工してくださいました。そして完成したものが写真のようになっています。高橋の架台とアスコの鏡筒に星野鏡というお宝テレスコです。難点は重いことですが、早く観測室を作りたいと思っています。ちなみに、紹介してくださった小石川さんは、私が大学で仙台に移り住んだ時に初めてお目にかかり、私の天文関係の機械工作の「師匠」でもあります。星野先生はとても忙しい方だったので、初めての人には絶対紹介しないのに何で紹介したんだろうと不思議がっていました。ちなみにマウント第一号の写真もアップしておきます。バランスウエイトの数から、鏡筒の重さの違いが想像できると思います。20cm_2

|

« 天体用Webカメラ | トップページ | お世話になっている会社 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/532398/43857613

この記事へのトラックバック一覧です: お宝テレスコ:

« 天体用Webカメラ | トップページ | お世話になっている会社 »