« 新機材その1 | トップページ | 新機材その2 »

Zenitarのファーストライト

Zenitar04 昨日は、空は今一だったのですが会社から帰ってZenitarの試写に出撃しました。場所は、いつもの投石峠の駐車場です。現地到着は月が沈む少し前でしたが、空がもやっているようでいまひとつスッキリしませんでした。明け方近くなり、少しはマシになってきた頃合で夏の天の川を撮影しました。空全体にモヤがあり光害を反映しています。それでも天の川がきれいに写るとはたいしたもんです。ついつい薄明が始まっても撮影していました。このレンズとカメラだとTOASTを抱えて高い山へ登りたくなりますね。空が良いときに高い山で撮ったらさぞすごい天の川が取れるんだろうなと想像してしまいます。薄明中の天の川も雰囲気があって良いですね。青い空に薄っすらと残った天の川は何か郷愁があります。

Zenitar05

|

« 新機材その1 | トップページ | 新機材その2 »

機材」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。
フルサイズですと本当の対角魚眼になりますね。
私のはAPS-Cサイズですので一目で違いがわかりました。薄明の天の川の写真は見たことありませんでしたがきれいですね。私もこの夏はZenitarでいろんな天の川を撮ってみたいと思っています。

投稿: まるひ | 2009年5月 2日 (土) 01時37分

まるひさん
まるひさんの作例がZenitarを買う後押しをしてくれました。ありがとうございます。薄明の天の川は写るとは思いませんでした。もし写るとしたらこんなかなぁと想像しながら写してみましたが思った以上に良く写りました。結構気に入っています。光害もそれなりに雰囲気があって良いかもと思っています。もちろん光害の全く無い写真も撮ってみたいです。

投稿: 天狼星 | 2009年5月 2日 (土) 05時36分

ミカボの星空、半年見ていません。懐かしい気がします。投石峠の場所ってあの「泥捨て場」でしょうか?私は、狭山→正丸→秩父→土坂峠→生利のルートで行っています。所要時間は昼間で2.5~3.0h、早朝は2.0h程です。片道100㎞。関越ルートは時間があまり変わらないので使いません。もっと、良いルートをご存じでしたら教えてください。

投稿: すたろど | 2009年5月 2日 (土) 06時46分

すたろどさん
「泥捨て場」っていうんでしょうか?登山口の前の駐車場です。すたろどさんのホームページにある鉾の前です。30日の夜も私以外に一人来られて、薄明とともに帰られました。トイレもあるし結構気に入っています。冬は南の稜線の上にカノープスも見えますね。往復のルートはすたろどさんと一緒です。本当は、ずっと遠くの山の上へ行きたいのですが、泊りがけと言うわけにもいかずあきらめています。

投稿: 天狼星 | 2009年5月 2日 (土) 13時20分

天狼星さん、こんばんは。
Zenitarは、ロシアン魚眼ながら1段絞るととても良い像になりますよね。天狼星はD700で、フルサイズなので、本当に対角魚眼で広々とした画角を精細に描写できていますね。
都会の方には、魚眼を生かす撮影地選びが難しいのでしょうね。

投稿: NIKON1957 | 2009年5月 2日 (土) 20時17分

Nikon1957さん
私がこのレンズの購入を決めたのはNikon1957さんのブログも後押ししてくれました。とても美しい写真がアップされており私も撮りたいと思っていた気持ちに火をつけていただきました。私は生まれが新潟市で、晩秋から春先にかけては冬空でなかなか晴れませんが、空自体は東京に比べればまだまだ暗いです。車で1時間くらい走れば相当暗い空に出会えます。(東京に住んでいるからそう思うのかも知れませんが)最近D700や5DMarkIIとか高感度で低ノイズのカメラがどんどん出ていますので、ちょっと海外へという選択肢もあるかも知れませんね。簡単なポータブルでも充分写りますから、、、

投稿: 天狼星 | 2009年5月 3日 (日) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新機材その1 | トップページ | 新機材その2 »