« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

日食機材

01 昨日は、久しぶりに晴れたので(と言ってもうす曇)、やっと日食用の機材を組み立ててみました。個別にはテストしていたのですが、全体を組み立ててみたのは初めてです。メインはBORG101ED+F4DG、サブとしてBORG45EDII+レデューサです。本当はこれにSONYのビデオがあるのですが、本日長女が使用中のため「不在」です。架台はタカハシのP2に三脚はビクセンの短い奴です。(ヤフオクで落札)三脚は開き止めの部分が少し弱いので、三角板のようなものをつけて補強が必要です。木製三脚よりだいぶ軽いです。モーターはHD4そのものですが、モーターとコントローラの間にコネクタを入れ、コントローラは四角く作り直してあります。101ED側は特に手を加えてはいませんが、45EDII側は、バランスウェイトの先端(M10ネジ)に、L型アングルをつけて微動雲台を乗せています。主砲に太陽を導入した後に、45EDII側にも写野中央に導入可能です。この状態でバランスが取れていますので、ビデオを載せたら若干バランスの調整が必要です。ペットボトルに水か砂を入れてくくりつけようと思っています。(現地調達?)02 100円ショップで購入したマジックバンドは必携ですね。L型アングルも少し補強が必要です。実はもう一つ悩んでいるのですが、TOASTをフォーク赤道儀にして持参と言うのも考えています。お気軽撮影にと購入したTOASTが結構しっかりしているので、45EDIIのモザイク撮影ができるのではないかとあれこれ考えていて、行き着いたのがTOAST+BORGミニ経緯台でのフォーク赤道儀です。TOASTの追尾精度はかなりのものなので、数分の撮影ではいけちゃいそうです。もし、機材の重量が足りるようなら試してみたい構成です。(家内と2人の旅行なので大丈夫じゃないかと思っています)04

| | コメント (0)

長崎出張

001 このところ仕事がとっても忙しく、ほとんど更新できていませんでした。先週も土日と学会出張で長崎へ行ってきました。空港からシャトルバスで長崎市内へ入り、バス停で降りて会場の長崎大学へ行く途中、平和公園があり原爆投下地点を通りました。以前広島出張の時に、原爆ドームも見ましたが、何とも言えない気持ちになりました。大学時代、教養部から理学部に上がった時の最初の原子核概論(だったと思う)の授業のときに、泡箱研究施設(現:ニュートリノ科学研究センター)の北垣教授が「諸君らは原子爆弾を作ろうと思えば作ることができる知識をこれから勉強する。しかしながら科学者として、してはいけない事は何かを良く考えて行動して欲しい」と仰ったことを思い出しました。北朝鮮で核実験を行っていますが、日本人の科学者が拉致され関与しているとの話もあります。少なくとも一時期物理を学んだ者として考えさせられるひと時でした。とは言うものの、落ちこぼれの私ではな~んもできないんですから心配しなくて良かった!!という落ちもあります。(^^;

日食まであと一ヶ月、準備ができず少し焦っています。どうしよう!!!

| | コメント (0)

日食の機材その2

20090606234348_2 昨日と今日は、娘の引越しでてんてこ舞いでした。幸か不幸か本日は天気も良くなり日食の事前テストにぴったりの天候だったのですが、全く残念なことです。また、昨日は日食用に手配していたビデオ用のテレコンバージョンレンズも届いたのですが、夜は生憎の曇り空になってしまい、テスト撮影は雲を通してのものとなりました。SONYのハイビジョンハンディカムに1.7倍テレコンを使用した動画からの切り出しです。ほとんど動画では月が見えない状況を、思いっきり誇張してみると海の模様程度はわかります。大きさ的には充分すぎますので、日食時はズーミングは要注意ですね。晴れた空で、本番用のテストを早くしなくては、、、

| | コメント (0)

日食の機材

Moon101edf4dg 日食に持参する機材を何にしようかあれこれ悩んでおります。BORGの77EDIIを第一候補にしていたのですが、いろいろ悩んで今のところ101ED+F4DGという構成にしようかと思っています。そこで、レデューサによるゴースト等が出ないか月でテストしました。先ほど帰ってからテストしたのでピントも出ていませんが、ゴーストは心配ないようです。ちなみに、101ED+F4DG+フルサイズデジ一眼の手持ち撮影です。露出オーバーになるものもためしに写してみました。ぶれてはいますがゴーストは気になりません。重さも1.6kgですので決まりかなと思っております。これにビデオカメラに45EDIIによる外部コロナ撮影用あたりを検討中です。Moon

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »