« 久しぶりの星空 | トップページ | ε160による撮影その2 »

ε160による撮影その1(北アメリカとペリカン)

01_2 20日の夜は、ε160での撮影がメインでした。年初に譲り受けた機材に、偶然にも新補正レンズが発売になりついポチッとしたのは良いのですがなかなか撮影する機会に恵まれませんでした。やっと撮影する機会に恵まれたのですが、どうも鏡面圧迫なのか光軸不良なのか焦点内外像が同心円ではありません。一度調整しないとダメかもしれません。それにしても、01_3明るくて調整がキッチリいけたら満足できる筒のようです!期待が膨らみます。今日は、PHDGuidingの調子が思わしくなく、最近撮影できていない間にバージョンアップした分を元に戻しました。この日は薄明終了から夜中の2時ごろまで撮影ができましたが、後半うす雲が出たようです。 撮影データは、ε160 Cooled40D、ASA1600 5分露出 1枚画像 NJP(SS2000仕様)+DSI-Proによるガイドです。

|

« 久しぶりの星空 | トップページ | ε160による撮影その2 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりの星空 | トップページ | ε160による撮影その2 »