« 魚眼レンズ? | トップページ | ε160による撮影その1(北アメリカとペリカン) »

久しぶりの星空

01 なかなか晴れなかった今年の夏ですが、やっとシルバーウィークに晴れがやってきました。と言っても移動性高気圧がデーンと居座るのではないため、かろうじて一晩晴れたと言う感じです。02TOAST-Proのモニターでありながら実際の星空を撮影できずに悶々としていたのですが、やっと撮影できました。ただ、仕事の関係と高速1000円の影響で遠出はできませんでしたので、Photo光害カブリに苦労しています。それでも、ε160での撮影の合間に、勝手に撮影してくれているTOAST-Proはありがたい存在です。1枚目はペガサスからアンドレメダと秋の定番です。星が小さく星座の形がわかりませんね。でもしっかりM31とM33は見えています。2枚目はカシオペアから雄牛にかけてのこれも定番の構図です。3枚目は、沈む夏の天の川で、光害カブリがきついですね。共通データ:5DMarkII 24-85mmの24mm F5.0 ASA1600 露出5分 1枚画像TOAST-Proによるノータッチガイドです。

|

« 魚眼レンズ? | トップページ | ε160による撮影その1(北アメリカとペリカン) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魚眼レンズ? | トップページ | ε160による撮影その1(北アメリカとペリカン) »