« ε160による撮影その4 | トップページ | 新たな観測地を求めて »

去り行く夏

Zenitar 20日の夜のTOAST-Proによるお気軽撮影の1コマです。対角魚眼での天の川です。この撮影地は東京から近いので、山端は光害がきついです。対角魚眼だとどうしても光害が写ります。写真の左側は東京の光害です。右上は高崎方面、右下は軽井沢の光害のようです。この場所では、対角魚眼は無理なようですね。せいぜい、フルサイズで28mm程度のレンズが限界のようです。データはZenitar16mmF4.0と5.6の間、ASA1600の5分露出です。カメラは5DMarkIIです。

|

« ε160による撮影その4 | トップページ | 新たな観測地を求めて »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ε160による撮影その4 | トップページ | 新たな観測地を求めて »