« 大人の休日倶楽部で「天地人」を訪ねて | トップページ | 古いレンズでの写真 »

久しぶりの星空

01_3 土曜日は、朝のうちは雨模様でしたが、天気予報では夕方から回復し夜は晴れると言うことでした。先月は仕事が忙しく全く星空とはご無沙汰でしたが、この機会が年内最後かと思われたため、先日目星をつけていた観測地へ遠征しました。自宅から、高速道路に乗り9時半ごろに現地に到着しました。途中は曇り空だったのですが現地は快晴です!!ちょっと奥まった駐車場へ入り、TOASTとTOAST-Proを設置して撮影を開始しました。標高は1700m位でいつもの場所よりは空はとにかく良かったです。01_2魚眼レンズで天の川も撮影できました。時間が取れないのでJPG画像からの単純処理ですが、よく写っています。ただ、冬の天の川とは別に、黄道に沿って光の帯が写っているようです。これは、何でしょう?スバルの南側は対日照のような気もしますが、、、空は暗かったのでカブリではないような気がします。

5DMarkII+ZenitarF4と5.6の間、ASA1600露出10分です。 もう2点。沈む秋の星座と冬の銀河です。秋の星座は、アンドロメダ星雲、二重星団、カリフォルニア星雲、スバル、ぎょしゃ座、カシオペア周りの赤物星雲等々非常ににぎやかです。02 冬の銀河は、バーナードループ、バラ星雲、わし星雲、M35,プレセペ星団等々こちらも盛りだくさんです。両方ともCooled40D+Tamron17-35mmF2.8の17mmF3.5でASA1600の露出10分です。

|

« 大人の休日倶楽部で「天地人」を訪ねて | トップページ | 古いレンズでの写真 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

天狼星さん、こんばんは
標高も高く、透明度も良くて最高の条件でしたね。
やっぱり対日照なのでしょう。黄道に沿って伸びているのがよくわかります。季節的にはもう少し早い時期で天の川から離れているほうがはっきりするのでしょうね。
私も来年はこんないい空のもとで撮影してみたいものです。

投稿: まるひ | 2009年11月18日 (水) 23時25分

天狼星さん、こんばんは。
素晴らしい星空と出会うことができたようで、うらやましい限りです。
5DmkIIでのすばる近傍の光芒は、時間にもよりますが対日照でしょうか。もう少し遅い時間になると、ししの頭と一緒に黄道光が昇ってきます。

投稿: NIKON1957 | 2009年11月18日 (水) 23時43分

まるひさん
本当に久しぶりの良い空でした。広角系のレンズで撮影していたので、結構気楽でした。後でゆっくり処理したいと思います。やっぱり対日照でしょうかね。それでも南の地平線付近は街の明かりも影響しているようです。

投稿: 天狼星 | 2009年11月20日 (金) 00時43分

Nikon1957さん
本当に久しぶりのすばらしい空でした。それでも高速を使って家から2時間半程度かかるんです。ちょくちょく行けるところではありませんが、今年最後と思い切りました。でも良く考えてみると、いつもの観測地も2時間半かかるんですよね。新潟の実家からだと下道を1時間も走れば結構良い空に出会えます。やっぱり関東は条件が悪いですね。

投稿: 天狼星 | 2009年11月20日 (金) 00時50分

こんばんは、初めまして。
三枚目の写真の右端に発見前のエリダヌス座新星が写っているようです。しかもほぼ最大光度の5等級のようです。

投稿: skame | 2009年12月11日 (金) 23時57分

skameさん
ご連絡ありがとうございます。
調べたら確かに写っているようです。全く気がつきませんでした。早速報告をしなければ、、、

投稿: 天狼星 | 2009年12月12日 (土) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人の休日倶楽部で「天地人」を訪ねて | トップページ | 古いレンズでの写真 »