« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

今年一年お世話になりました

2009 今年の総括として、まず、このブログを始めたことがあげられます。1月18日からスタートし、何とか1年やってこれました。仕事もどんどん忙しくなるのに良く続けています。来年も頑張りますのでよろしくお願いします。次に、やはり7月の皆既日食を見れたことが印象に残っています。薄雲を通してでしたがとても印象深い経験でした。家内ともども日食病に感染してしまいました。01_012月のルーリン彗星の撮影もトピックの一つです。TOA130S+BORGのF4DGでアンチテールもよく写りました。 6月にTOAST-Proのモニターに選ばれたのも、広角撮影にのめり込むきっかけとなりました。Zenitarというロシア製の魚眼レンズもアタリのレンズでしたが、空の暗い観測地探しも楽しかったです。02 今年の後半はなかなか晴れなかったのですが、11月の1回の遠征は大成功でした。来年も楽しみです。晴れないときは、「星より機材病」が発病しますので、要注意です。ことしも「少し」機材が増えました。そろそろ処分を考えなくては、、、さてさて、明日から2010年です。健康で楽しく過ごせるよう期待します。

| | コメント (0)

2009年総集編その2

Photo 実は、このブログでは忙しくて話題として取り上げられなかったのですが、今年の10月に、山手線命名100周年記念のキャンペーンが行われました。JR東日本主催で、色々なイベントが催されました。別に「鉄男」ではないのですが、男の子であれば誰でも興味があるジャンルです。私も、一日そのイベントに加わってみました。まずは池袋駅で、1日限定の100円の記念そばを食べるPhoto_2ところから開始です。 JR東日本直営の「あじさい」で記念そばを注文しました。家内の父も「国鉄」に勤務しており、上越新幹線の越後湯沢駅開通セレモニーでテープカットをしたそうで、実は家内も鉄道系は関心があります。(「鉄子」ではありませんが、、、)二人で記念そばを食べ、山手線スタンプラリーをスタートしました。 東京駅とか、浜松町駅とか、Photo_3山の手線内でSuicaをピッとやりながらぐるっと一回りです。途中、JRの原点・新橋駅前でSLを眺めて「おじさんたちの聖地:新橋」を楽しみました。Sl また、記念車両としてチョコレート色の列車が一両(というか一列車)走っており、それにすれ違いました。今でも山手線を約1周する(約1時間)と必ずすれ違います。(外回りか内回りかどっちでしょう?)Photo_4

| | コメント (0)

2009年総集編その1

Img_0005 今年の医療情報学会は春が長崎、秋の連合大会が広島と、偶然とは言え、2回とも原子爆弾投下都市で開催された。写真は広島の原爆ドームである。私は広島は2回目だが何回言っても悲惨さを感じてしまう。平和な日本が当たり前になってしまい戦争に対する現実味がなくなっている。決して忘れてはいけない事実だと自分に言い聞かせていかなければと思っている。 平和の火もずっと燃え続けているそうだが、決して絶やしてはいけないんだと思う。Img_0009それにしても、学会の夜の部はとても美味しかったです。お好み焼きとカキフライ、焼き牡蠣、地酒にと平和な日本であって本当によかったなとつくづく感じました。

| | コメント (0)

エリダヌス座新星(発見前の写真)

Photo skameさんが「エリダヌス座新星が写っていますよ」と教えてくださったので、調べて見ましたら、確かに発見前のエリダヌス座新星が移っていました。(写真右縁)この日は、久しぶりに晴れて、一晩中楽しんだので、すっかり良い気分になっておりました。新星が発見されたと聞いても全く気にも留めていませんでした。発見される方の不断の努力には頭が下がります。写した写真は少しでも増光の研究に役立てばと、光度解析用にと提供いたしました。

| | コメント (2)

再処理しました(第2弾)

Photo 11月14日に撮影した写真を何枚か再処理しました。最初は秋の銀河です。あまりきちんと構図を決めたわけではないのですが、色々な対象が写っています。系外星雲、散開星団、赤物の散光星雲、天の川etc.とてもにぎやかです。2枚目はおうし座を中心にオリオンからぎょしゃ座にかけての冬の天の川です。赤物の散光星雲もかなり写っています。両方ともCooled40Dによる写真です。Photo_2

| | コメント (4)

薄明の風景

Photo 11月14日に撮影に行った帰り道、ちょうど薄明が始まった頃にふと見ると蓼科方面の山並みがとても綺麗でしたので、道路わきに車を止めてしばし見入ってしまいました。あまりに綺麗だったので何枚か撮影したうちの一枚がこれです。蓼科、霧が峰の山並みの上には、まだ帆座の星々が写っていますし、右には大犬座の足の星々も見えます。Photo_2左のオレンジ色の山並みには、何と遠くに富士山も見えていました。 ふと東の空に目をやると細い月と明けの明星が山の際に昇ってきていました。空気が澄んでいて低空にもかかわらずとても綺麗でした。もう一度行って見たい観測地です。

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »