« 細い月の撮影 | トップページ | ポチってしまいました。PELENG8mmF3.5/8A »

広角レンズのテスト

Dsc_1189 今週の土日は、カノープスへの挑戦が空振りに終わりました。先週末は、家族でのドライブがてらの遠征はだめでしたが、日曜(10日)の夜は、「みかぼ」での撮影でなんとか広角ズームをテストできました。時間が取れないので、比較の写真はもう少し時間をいただきたいのですが、簡単に処理したものをアップします。Tamron 17mm-35mmF2.8-4の17mmF5.6+NikonD700での写真です。少しかぶりもありますし、ごみの影もありますが、F5.6まで絞るとそこそこ使えそうです。20mmでも撮影しましたが、F5.6ですとこれも使えそうです。Img_0986 ちなみにZenitar16mmF4+EOS40D冷却での冬の銀河もアップしておきます。先のズームもフルサイズではF5.6まで絞ったほうが良いですが、APS-CサイズですとF4で十分な感じです。

|

« 細い月の撮影 | トップページ | ポチってしまいました。PELENG8mmF3.5/8A »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

デジタルに移行したのですか?
私は、アナログから抜けられません。

投稿: whitehole | 2010年1月21日 (木) 10時45分

はい。
デジタルは、平面性良し、相反則不規なし、その場で確認可能と良いことがいっぱいです。アナログ(銀塩)の良さもあるとは思いますが、それ以上にメリットを感じています。憧れの103aE並みの写真がどんどん取れますよね。Kiss Digitalを買って愕然としました。それ以後、デジカメ地獄へ、、、

投稿: 天狼星 | 2010年1月21日 (木) 17時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 細い月の撮影 | トップページ | ポチってしまいました。PELENG8mmF3.5/8A »