« SAMYANG 8mm FISHEYE | トップページ | 標高2000mの星空(広角編その1) »

標高2000mでの星空(高峰高原:アサマ2000パーク)

03

昨晩は久しぶりに家内と星見に浅間山まで出かけました。高峰温泉・アサマ2000パークです。標高は2000mで自宅からは高速を利用して2時間半程度です。南側は高峰山があり低空は視界が悪いですが中空から北側は抜群の空でした。着いた直後は良かったのですが、途中少し雲が出て、それが下がってからはとても良い星空でした。このところ晴れ続きで湿気が多かったのか、夜露でびしょびしょになりましたが月が出てくるAM1:30頃まで久しぶりに満天の星空を楽しみました。手持ちのKissF PELENG8mmF5.6での写真です。(3min×3コンポ)PELENGもF5.6まで絞るとそこそこの星像になりますね。夜露がひどくなければもっと露出をかけられたのですが、、、(少し処理を変えた写真に入れ替えました)

|

« SAMYANG 8mm FISHEYE | トップページ | 標高2000mの星空(広角編その1) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

今晩は。高峰高原・・・行ったことは無いのですが、星が綺麗な場所で有名ですよね。浅間山の噴煙は写真に影響していないようですね。
きっと、トーストで撮られたのだと思いますが、天の川が立っている全天写真は見応えがあります。いつかは、こういう写真を撮ってみたいものです。
針で突いたような星像が刺激的です。

投稿: すたろど | 2010年9月 5日 (日) 21時25分

天狼星さん、こんばんは。
高峰高原は昔からテンガに広告が載っていて、行ってみたい所の一つです。奥様とお出かけなんて素敵ですね。
昨夜は素晴らしい空で多くの方が遠征に出られたようですね。私はカメラのトラブルで自宅でうずうずしていました。それでも深夜になって回復、一対象の撮影が出来ました。
画像処理する体力が無くて昼寝をしていました。

投稿: けんちゃ | 2010年9月 5日 (日) 21時56分

すたろどさん
昨晩はとにかく夜露が凄くてヒーターを持っていかなかったために充分に露出できませんでした。また、カメラもKissFなのでちょっとノイジーです。冷却40Dで撮れば良かったとちょっと後悔しています。夜露対策も要検討ですね。昨日の目的はEM200の自動導入化後のテストだったのですが、TOASTでいろいろ広角撮影も楽しめました。つくづくヒーターを持って行けば良かったと後悔しています。浅間山の噴煙は全く気になりませんでした。雪が降るまでの観測地ですね。

投稿: 天狼星 | 2010年9月 5日 (日) 22時04分

けんちゃさん
昨晩は、須原へ行こうか最後まで悩んでいました。隣の湯の丸スキー場へは何回か行ったのですが、ここは初めてです。湯の丸へ行くのと悩みますが2000mという標高は魅力的です。すぐ隣に旅館があるのも安心ですね。9時過ぎには真っ暗になりますので邪魔にもなりません。南に山があって低空はダメですが、北関東は南は東京の光がありますから諦めざるを得ないのかも知れませんね。

投稿: 天狼星 | 2010年9月 5日 (日) 22時14分

天狼星さん、こんばんは。
海抜2000mの星は素晴らしいと思います。抜けの良い空は、本当に星や背景の色に利いてきます。夏場の山の上は涼しくて気持ちが良いのですが、夜露が多くてヒーターは必須ですね。

投稿: NIKON1957 | 2010年9月 6日 (月) 23時40分

Nikon1957さん
最近仕事が忙しくてストレスが溜っていたので、発散できてよかったです。確かにヒーターは必須ですね。望遠鏡であれば乾燥空気という手もありますがカメラレンズはヒーターがベストだと思います。それともカイロかな、、、

投稿: 天狼星 | 2010年9月 6日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SAMYANG 8mm FISHEYE | トップページ | 標高2000mの星空(広角編その1) »