« おまけ(高峰高原) | トップページ | 明け方の黄道光にチャレンジ »

奥多摩湖から勝沼ワインの郷へ

Dsc_2410

シルバーウィーク?の始まりは、夜明けの黄道光の撮影にチャレンジしたのですが、天候の関係で思うように行きませんでした。3連休の中日は家に居ても暑いし、家族でドライブすることにしました。と言っても高速道路は大渋滞ですので、ノンビリ下道を走って奥多摩湖から勝沼、そして雁坂トンネルを抜けて秩父から正丸峠を戻るというロングドライブを楽しみました。時間はかかりましたが、渋滞は東京都下を抜けるまでで、それ以降はスイスイでした。途中、星見のポイントは無いか探しながらのドライブでしたが、良さそうなところがあっても自宅からは結構時間がかかるためいまひとつです。

Dsc_2431

奥多摩湖から峠を越えて勝沼へ向かう途中で、雲を抜けて富士山が見えましたが、車を止める適当な場所が無いため写真はありません。峠から下る途中の集落の写真です。周りにはススキもあり、すっかり秋の気配です。

Dsc_2435

家を出たのが昼過ぎでしたから、勝沼に着いた頃には夕方になっており、記念にワインとぶどうジュースを買って帰りました。私以外の家族はワインを試飲していましたが、一人さびしくジュースを試飲しました。勝沼へは自家用車で行くもんじゃぁありませんね。勝沼から秩父へは雁坂トンネルを抜けて行くのですが通行料は710円です。このトンネルもそうですが、トンネルを抜けて飯能天文同好会の定番観測地の栃本広場の下をトンネルで走り、荒川上流のダム等とても立派な道路や橋でした。ちょっと場違いな気もしましたが、これらが無いと本当に山越えだと思うと気が遠くなります。いろいろな面でなかなか難しいなと感じました。

|

« おまけ(高峰高原) | トップページ | 明け方の黄道光にチャレンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おまけ(高峰高原) | トップページ | 明け方の黄道光にチャレンジ »