« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

新天研合宿での成果(その7)

M42_hdr2_1_web2

合宿遠征の成果をまとめましたが、結構見栄えがします。ブログを見てみると、もっとすごい写真がありますが、「まっいっか!」という感じです。速攻でいろいろ処理をしたのですが、実はRAWからしっかり処理していません。きっちり処理をするのは結構疲れるものですね。撮影ができない時にじっくり処理をしようと思います。

| | コメント (0)

新天研合宿での成果(その6)

_web2

新天研の合宿は、雲の通過をぬっての撮影が大変でしたが、晴れ間の透明度は抜群でした。SAMYANG35mmによるモザイクも結構楽しいです。Nikon D800は未改造でも赤の感度が高いような気がします。淡いですがカリフォルニア星雲もしっかり確認できますね。Nikon D800 SAMYANG35mmF2.8 ISO1600 3min×2枚モザイクです。

| | コメント (0)

新天研合宿での成果(その5)

M45_03_web2
新天研の合宿で撮影したプレアデス(M45)です。空が暗いので青白いガスが良く写っています。雲の晴れ間での撮影ですので枚数が稼げず、ノイジーですがそこそこガスは写っています。ε180 5DMarkII ISO3200 5min×1 ISO1600 5min×2 NJP+DOG NS-5000

| | コメント (0)

甲州フルーツマラソン2012

Dsc_0845

21日は、甲州フルーツマラソンでした。例のごとく次女がエントリーしていたので、家族皆でドライブがてら応援に行きました。先々週の新潟は最悪の天候でしたが、昨夜からほぼ快晴の好天に恵まれ、とても気持ちの良い大会でした。

Dsc_0850

甲州市(勝沼)は葡萄で有名なのは知っていましたが、交通規制の市内を歩いていると、旧甲州街道沿いには古い民家や歴史的建造物等があり、また別の興味がある町だとわかりました。

Dsc_0851新潟の大会は陸連主催の公式レースだったので、各ゲートのタイムも結構厳しかったようですがこの大会は皆が楽しめる大会のようで、遠く八ヶ岳を望む、広大な勝沼のブドウ畑の中を地元の中学生や親子連れで走るという和やかな大会でした。Dsc_0818ということで42.195kmのフルマラソンは無かったのですが、23kmの大菩薩レースは、峠へのきつい登りのコースで参加者は半端な気持ちでは完走は難しそうでした。(登りだけですもん!!)他のコースも結構アップダウンがあり、思った以上に難しい感じでした。

Dsc_0867なんと言っても楽しかったのは、参加賞はさすが勝沼のワイン一本、さらに葡萄の配布やワインの無料での振舞い(写真)があったりと「勝沼葡萄の里」をアピールする楽しいイベントも盛りだくさんでした。ただ、私は車での送迎が役目だったので、ワインは飲むことができず、葡萄ジュースのみという些か欲求不満が残りました。帰りの車の中では家内や長女はとーっても良い気分になっておりました。(^^;来年は、レース当日は宿泊したほうが良いかな?と思ってしまうほど秋の一日を楽しんでいました。

| | コメント (0)

新天研合宿での成果(その4)

M31_01_web

新天研の合宿は22時ごろまで雨が降っており、それ以後、雲が通過するという不安定な天気でした。εのピントあわせも撮影しながら星像の大きさを見ながら合わせるのですが、雲の通過で星像が小さくなっているのか、ピントが合って小さくなっているのかわからず、悪戦苦闘でした。そんな中、定番といえるM31等を撮影したいとチャレンジしました。Hα系の散光星雲ではないのでε180にノーマルの5DMarkIIでの撮影です。ISO1600 5min×6の加算です。雲の通過があるのでフラットもなかなか決まらず、周辺を少しカットしています。もっと画像処理がうまくなればもう少しましになるんでしょうが、撮影枚数も稼げず仕方がありませんね。M31は個人的にも思い出のある対象なので結構しつこく撮影していますが、なかなか思うものは撮れないものです。

| | コメント (0)

新天研合宿での成果(その3)

Hx_01_web

「二重星団2題」としてアップします。ペルセウス座のh&χは有名ですが、とも座のM46&M47もそこそこ綺麗な二重星団です。ε180のノートトリミングで大きさも比較してください。

M46m47_01_web_2M46の中にある惑星状星雲もしっかりブルーに写っています。雲の通過が無ければたっぷり時間をかけて撮影できたのにと悔やまれます。でも、新潟の空は良いですねぇ

追記:両方とも ε180 5DMasrkII ISO1600 5min×2 NJP+DOG NS-5000

| | コメント (2)

新天研合宿での成果(その2)

Dsc_0773_web新天研の合宿での一コマです。私のハンドル名(天狼星)の語源「天駆ける狼」です。低空の赤かぶりはあえて処理しませんでした。早くε180で撮影した写真をフラットも撮って処理したいです。

| | コメント (4)

新天研合宿での成果(その1)

_web2
天蓋高原での成果第一弾です。北極星をカシオペアと北斗七星から探す教科書的な写真です。Photoshopによる2枚モザイクです。北斗七星の柄の先の星が欠けていますがご容赦下さい。Nikon D800+SAMYANG35mmF2.8 ISO1600 3min.露出 TOASTによる自動ガイド

| | コメント (2)

新潟天文研究会の秋合宿

Dsc_0795_2昨日から、新潟天文研究会の合宿に行ってきました。先週に引き続き、新潟行きでした。夕方から雨になり、21時ごろから少し晴れてくるようになり、明け方はご覧のとおり良い天気でした。民宿組はすでに戻っており、徹夜組はほとんど帰宅したか就寝中です。中央のトラックの荷台にある双眼望遠鏡は天文ガイドで紹介された「有名」な機材です。

Dsc_0790明け方の金星と月ですが、高原の澄んだ空気にマッチして秋の深まりを感じさせます。雲の通過等で写真は今一つでしたが楽しいひと時を過ごしました。写真はおいおいアップします。

| | コメント (2)

入広瀬ハーブ香園

Dsc_0531胎内星まつりへ行く途中に須原スキー場で「道草」をするのですが、けんちゃさんから入広瀬ハーブ香園の話をお聞きして、新潟シティマラソンの応援のついでにロケハンに行きました。管理棟のある駐車場はそこそこ広くてトイレもあり良さそうでした。マラソンの帰りは、田村市のスターライトフェスティバルへ行く予定だったのですが、マラソン後の次女の疲労度を考え、田村市のSFLは諦め、帰路の途中に再度立ち寄りました。

Dsc_0679ASTRO GPVにも地点登録されているところですので、期待が持てます。管理棟の駐車場での月が上る直前の固定撮影での空の状態です。駐車場には水銀灯もあったのですが夜行ったら消えていましたのでありがたいです。NikonD800 ASA1600 SAMYANG35mmF2.8 10秒露出です。

Dsc_0678南西側は町明りを雲が反射していますが、空は良いですね。ただ、東の上の方にあるオートキャンプ場の水銀灯が結構明るく点灯していました。雲が無ければ影響が無いかもしれませんがちょっと気になります。また、川霧が出ていたのですが、標高がもうちょっとないと霧の上に出ないかもしれません。本年の営業は10月21日までですから雪の関係で利用できるのは11月の新月期まででしょうね。

| | コメント (2)

新潟シティマラソン2012

Dsc_0558日曜日(10月7日)は新潟市で「新潟シティマラソン」がありました。今回は30回大会で高橋尚子さんもゲストランナーとして参加していました。新潟市の陸上競技場での開催式の一コマです。

Dsc_0601実は、次女がハーフマラソンで参加していたので、「アッシー」として応援に行きました。1万2千人の参加だったそうですが、生憎の雨模様でゴールのころには土砂降りになって最悪のコンディションでした。

Dsc_0654スタート直後の西堀裁判所前の一コマとゴール直前の陸上競技場のトラックでの一コマでは、天候も体力も大違いですね。完走良く頑張りました!!

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »