« 新潟天文研究会の秋合宿 | トップページ | 新天研合宿での成果(その2) »

新天研合宿での成果(その1)

_web2
天蓋高原での成果第一弾です。北極星をカシオペアと北斗七星から探す教科書的な写真です。Photoshopによる2枚モザイクです。北斗七星の柄の先の星が欠けていますがご容赦下さい。Nikon D800+SAMYANG35mmF2.8 ISO1600 3min.露出 TOASTによる自動ガイド

|

« 新潟天文研究会の秋合宿 | トップページ | 新天研合宿での成果(その2) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

さすが北方向は暗いですね、二分大平からは三条市や見附市の光害がかなり届いています。

サムヤン35mmは開放でも星が綺麗ですね。フォトマージはどの方法で出来ましたでしょう?私は風景写真でも周辺に歪みがあるとなかなか合わせられないのですが、良いレンズですね。

投稿: けんちゃ | 2012年10月16日 (火) 21時00分

けんちゃさん
SAMYANG35mmは開放はF1.4ですので絞って使用しています。でも、F2.8でもフルサイズで十分実用的ですね。シャープすぎて星座の形がわかりませんので、拡散系のフィルターを使用したほうが良いかもしれません。フォトマージは、Photoshop CS5の機能をそのまま使って特に何もしていません。対象によっては、レイアウトを自動ではなく遠近法とか円筒法とかにします。この写真は円筒法にしました。Photoshopは簡単にモザイクができるので便利に使っています。観賞用なんで、、、

投稿: 天狼星 | 2012年10月17日 (水) 17時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新潟天文研究会の秋合宿 | トップページ | 新天研合宿での成果(その2) »