« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

やっと超新星をGETです!

M82_2先日、木星を撮影してから火星を撮影するまでの間に、隣の家の屋根から顔を出してきたM82の超新星を撮影しました。C11の直焦点での撮影で2800mmのロングショットです。Astro40D ISO1600 30sec×20コマ合成です。M82は単位面積当たりの輝度が高いので、光害地でも良く写りますね。

| | コメント (0)

学会の気になるポスター

604062_369882349818265_1749956756_n今月の3連休は日本循環器学会でした。そのポスターなんですが、背景は何か見覚えはありませんか?そう、IC1805(ハート星雲)です。循環器学会だけあってハート(Heart)が背景なんですね。お医者さんには天文ファンが多いと思うのは私だけでしょうか?ちなみに私の会社の患者モニタの開発コードネームは私が担当したモデル以来「星の名前」が使用されています。ちなみに私が開発担当だったモデルはシリウス(Sirius:天狼星)がコードネームでLifescope「S」と呼ばれています。おかげさまでグッドデザインショーの特別賞を受賞しました。その時の対応馬はiMacだったそうです。

| | コメント (0)

惑星2題!

Jup013連休での学会も終わり、C11で惑星を撮影することができました。 木星と火星です。ピント合わせは、衛星であわせたのですが、本体の模様で合わせた感じと何か違う印象でした。「達人」のお話では、気流の関係で必ずしも無限遠で合わせるより模様がはっきり見えるところに合わせた方が加算したときにシャープになるそうです。何となく実際の感覚に合ったお言葉ですので、今度は模様で合わせようと思います。ちなみに同時刻のWinJUPOSというソフトの模様の画像と並べて見ました。

Mars_02次は、夜半近くに撮影できるようになった火星です。こちらもWinJUPOSの画像と並べて、模様の様子を比較してみました。雲が発生しているのもわかりますね。まだまだシャープさが足りないので改善の余地が大有りです。

| | コメント (0)

ひと月ぶりの木星です

231920_11昨日はひと月ぶりに撮影ができました。 写真展の時に「達人」といろいろお話をさせていただき刺激を受けたのですが、撮影する機会がなかなかありませんでした。やっと、久しぶりに撮影しました。木星も西に傾き始め、深夜にはお隣の屋根に隠れてしまいました。その隠れる直前の撮影でしたがシーイングは2月より格段に良かったです。中古のC11はタカハシのレデューサより安く購入したのですが、なかなか使えそうです。もう少し惑星や月に挑戦してみようと思います。その後は「銀河砲」としても使ってみたいです。 C11 Teleview3xバーロー ASI120MC

続きを読む "ひと月ぶりの木星です"

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »