« 5月1日の写真です | トップページ | (続)ガイドカメラの評価 »

新しいガイドカメラの評価

Moon_185226_g3_ap8_stitch_01_3縁があって新しいガイド用カメラを使うことができました。ガイドに使用するだけでなく撮像もできるのでちょっと評価してみました。カメラはToupTek社GCMOS01200KPBというものです。ZWO社のASI120MCと同じセンサーを使用しているようですが価格は半分ほど?専用のキャプチャソフトが使いにくかったのでZWO社のカメラで使用しているFirecaptureで撮像しましたが、性能を出し切れていないようです。もっと行ける筈なのでもう少し挑戦してみます。Moon_190146_g4_ap26_stitch_21ほんまかさんの「理想のポタ赤プロジェクト」で使用予定の
カメラです。ZWO社ASI120MMで撮像した画像もアップしておきます。120MMの方がセンサーの解像度が高いので、より綺麗ですが、この位は行ける筈です。

Photo木星を撮影したものを並べてみましたが、センサーの性能は同等かそれ以上なのでもっと良くなるはずです。オリジナルのキャプチャーソフトでもう一度試してみます。最適の感度の設定やシャッター速度の設定がわかればかなり行けるのではないでしょうか?

Tommyさんからのコメントにあるように、この日は月の北側に金星が輝いていました。月を撮影した機器構成で撮影した金星をアップします。残念ながら焦点距離が1400mmでの撮影ですので半月形がわかる程度です。

Ven_184710_g3_ap1_1

|

« 5月1日の写真です | トップページ | (続)ガイドカメラの評価 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

昨夕、月の近くでとても明るい星が見えたので
アプリのStar Walkで調べたら金星のようですが
間違いなければそれこそ”宵の明星”ですね。
金星の写真などはつまらないものでしょうか。

投稿: Tommy | 2015年5月23日 (土) 20時30分

Tommyさん、実は昨日の金星も写真を撮っていますが、拡大率が小さいので半月形がわかる程度でした。後でアップしますね。

投稿: 天狼星 | 2015年5月23日 (土) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月1日の写真です | トップページ | (続)ガイドカメラの評価 »